Bar Chart

IoT システム エッジコンピューティング

クラウドは必要ありません。

エッジコンピューティングで始めましょう。

データ漏洩防止を検討する必要が無く、安全なシステムを構築できます。

既存のネットワークに負荷を掛けませんので、現状のデータ容量で十分です。

月額???が必要になるのは、クラウドにしてからです。

何のデータをどのように収集・加工し判断して企業の価値を高める

・・・最初から見えてる方はいません。

やりだして、見てみて初めて判断が付きます。

やる前にいろいろ検討するのも良いですが、どこかで線を引いてスタートを切らないと堂々巡りです。

​A1【点灯認識システム】 パトライトに付けた光センサーで実演

​A2【カウント収得】   回転テーブルの回転を2つのセンサーで実演
A3【警告灯RGB発光とアナログ値収集】 RGB色が可能な表現と温度センサー値の収得

B1【エッジコンピューティング-1】はじめるにあたって。

​B2【エッジコンピューティング-2】第一段階終了して次のステップへ

A1

点灯認識システム

既存装置に付帯するパトライト・各種警告灯の点灯を感知し、その装置の状態を把握します。

既存装置のPLCを修正する必要も無く、タイミングを計る必要もありません。
​NC工作機械や各種自動機械にパトライトが付属している装置なら付けるだけで、IOTが実現できます。

A2

カウント収得

ここではセンサーによりカウントしています。

良品排出口・不良品排出口に設置すれば不良率を算出できます。

また、センサーを変更して熱感知にすれば人を感知でき入退出をカウントできます。

何をカウントするかの違いで、正確な数量を算出したい時、簡単に対応できます。

​これも設置すれば実現でき、装置側にセンサーを付加するだけです。

A3

​警告灯RGB発光とアナログ値収集

温度センサーのアナログ値をAD変換してMonitorへ送信。
LEDはRGB対応ですのでどのような色も発光できます。

1)センサーの閾値を決めて色分けする

2)センサーの種類で発光方法を変える

3)目的に応じて色・方法を変える

​視覚に訴える方法を自由に作ることが出来ます。

​B1

B2