センサー接続例 順次増やします。

[ キーエンス製FD-V40Aの場合 ]

   ​アンプ分離型気体流量センサー

センサーヘッド FD-A100​使用

​NPNセンサー

​接続 コネクター① 3線 (ケーブル色) 

  • 24V (茶)

  • 0V  (青)

  • OUT (黒)

センサー側で​設定した値以下になると警告を発します。

​ボールバルブでエアー流量を絞って設定値以上・以下を実演してます。

[ オプテックス製BGSDL25Tの場合 画面左側 ]

  ​アンプ内蔵光電センサー

​NPNセンサー

​接続 コネクター① 3線 (ケーブル色) 

  • 24V (茶)

  • 0V  (青)

  • OUT (黒)

​反射型でVブロック(石)が無くなると警告

[ オムロン製E2S-W23の場合 画面右側 ]

  超小型近接センサー

​NPNセンサー

​接続 コネクター① 3線 (ケーブル色) 

  • 24V (茶)

  • 0V  (青)

  • OUT (黒)

​金属物(鉄)が無くなると警告

[ SMC製MXQテーブルシリンダーの場合 ]

​  2線式2色表示無接点オートスイッチ×2

​NPNセンサー

​接続 コネクター①と② 2線(ケーブル色) 

  • 0V  (青)

  • OUT (茶)

(​​2線式の場合、茶をOUT側に接続してください。信号線がセンサーの電源供給も担っていますので24Vに接続しにないように願います。)

​テーブルの移動により警告

*シリンダーでセンサーを同一上に並べることは通常はしませんが、同時に警告になった場合を想定しています。

​ほぼ同時に警告を発しても問題なく対応できることが判ると思います。また、現状のシリンダーにセンサーを追加して対応すれば、シンダーを動かしているPLCを一切変更することなく対応できます。

装置設計概要

​ 準備して欲しい事項

【自動機設計・製作の場合】

希望される装置サイズ、または設置場所の範囲

以下無くても結構です。
①規定の保全仕様書
②メーカー指定リスト

【お伺いしたときにお聞きする事項】
目的とその理由
どのような結果を望まれているのか
手作業ならその現場と作業風景
作業環境と環境条件

 

協力システム会社

​ クラウド環境構築から、Webアプリケーション開発

【無線監視システムの場合】

使用センサーもしくは、取り込みたい値。

お客様で使用されているセンサーをお聞かせいただけるとありがたいです。長年使用している=信用=ノウハウと思っています。

設備の場合

PLCに修正は追加しません。

①センサーを追加する。

②既存のセンサーより信号線を分岐させ取り込む。

 PLC修正作業費が不要です。いつでも取り外せますので、ある期間見たいときにも使えます。

​現在試行中案件

​  Raspberry Pi

Raspberry PiをOpenPLCで制御。

新商品開発時の実験機を製作する場合、電気関係だけで約50万はかかります。
単機能であっても修正・追加を考慮してPLCを設置します。
電気より機械側に注力すべきですが予算的に困難でどうしても機械側で補うしかなく、確かに動くが・・・

​このような悩みを抱えている方を対象にOpenPLCを使おうと思い立ちました。

© Heat Inc.